1650円 直送商品 M S G Mコート

  1. ホーム
  2. レディース
  3. ジャケット
  4. アウター
1650円 最大73%OFFクーポン 1650円 直送商品 M S G Mコート

M S G Mコート

1650円
値下げ】 最終値下げ MSGM チェスターコート ロングコート 届いたが、梱包が雑。商品の凹み大。ライト点灯せず、ソーラーパネル一部破損している。自分で凹み修理、ソーラーパネル交換、充電電池取替し、使用している。評価は最悪である。 値下げ】 最終値下げ MSGM チェスターコート ロングコート 1650円 直送商品 M S G Mコート 柿をとるのに使っています。やっぱり専用品は有ると便利です。年に一回のことなので、紙袋やビニール袋を腕に通したり、梯子や枝に置いていましたが落とす心配が無くなりました。 ☆決算特価商品☆ 新品 チェスターコート MSGM 人気の贈り物が コート msmg - ダッフルコート - www.smithsfalls.ca ウッドデッキで少し強風が吹いた際には、一度だけ倒れそうになりました。また底に付いている吸盤のような物が取れました。すぐ付きましたが、値段相応かな。 1650円 直送商品 M S G Mコート
ドラマー用シンバルに便利なシンバルバッグ 10PRO用ディスクハンドル DLC-139
人気の贈り物が コート msmg - ダッフルコート - www.smithsfalls.ca 1650円 直送商品 M S G Mコート 1650円 直送商品 M S G Mコート M最終値下げMSGM のコクーンコート グレー 美品 ELLE 1650円 直送商品 M S G Mコート 適切な価格 MSGM コート - ジャケット/アウター ブラック系,L激安価格の MSGMコート ロングコート 適切な価格 MSGM コート - ジャケット/アウター 在庫処分】 最終値下げ MSGM ロングコート チェスターコート
1650円 直送商品 M S G Mコート
1650円 直送商品 M S G Mコート
k 4
ウッドデッキで少し強風が吹いた際には、一度だけ倒れそうになりました。また底に付いている吸盤のような物が取れました。すぐ付きましたが、値段相応かな。

1650円 直送商品 M S G Mコート
1650円 直送商品 M S G Mコート
1650円 直送商品 M S G Mコート
1650円 直送商品 M S G Mコート
ハリマオ 5
柿をとるのに使っています。やっぱり専用品は有ると便利です。年に一回のことなので、紙袋やビニール袋を腕に通したり、梯子や枝に置いていましたが落とす心配が無くなりました。

1650円 直送商品 M S G Mコート
1650円 直送商品 M S G Mコート
1650円 直送商品 M S G Mコート
1650円 直送商品 M S G Mコート
ゲコ 1
届いたが、梱包が雑。商品の凹み大。ライト点灯せず、ソーラーパネル一部破損している。自分で凹み修理、ソーラーパネル交換、充電電池取替し、使用している。評価は最悪である。

1650円 直送商品 M S G Mコート

商品の状態やや傷や汚れあり
商品のサイズM
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法ゆうゆうメルカリ便
発送元の地域東京都
発送までの日数2~3日で発送


最終にしてます。 8800円→7000円→6000円→5500 数年前に購入しましたが、昨年今年と着る機会がなかったので出品します。 サイズは38でMくらいです。 自宅保管で多少の使用感はありますが、キズや汚れはないと思います。いずれも短時間の使用でした。 雨の日もポリエステルなので、気にせず着れるところもおすすめです。 フード···フードなし 着丈···ミドル 季節感···春、秋 素材···ポリエステル

1650円 直送商品 M S G Mコート

2022年8月11日木曜日

(CIR)10月号発売しました。

(CIR)10月号発売しました。


CIRは『クチーナ・イタリアーナ』と『サーレ・エ・ぺぺ』というイタリアの人気料理月刊誌の記事をピックアップして日本語に訳したものです。
10月号の表紙は、今月ピックアップされたカルロ・クラッコシェフです。
今月の記事、《クラッコが選ぶ伝統の地方料理》には、クラッコシェフが選ぶイタリア地方料理のリチェッタが、ずらっと登場しています。
そもそも彼は、イタリアの地方料理について造形が深く、昔から研究している人です。
彼の著書には、“CARLO CRACCO A QUALCUNO PIACE CRACCO”という地方料理に特化したものもあります。

彼の本の最大の特徴は、後輩たちに読んでもらうことを意識して書かれている、ということ。イタリア料理界のアニキと呼びたくなるような人です。
彼の地方料理には、グランシェフの元で修業した貴重な経験が詰まっています。さらに彼の感性で再現された地方料理は、素朴でナチュラルなのに、洗練されています。

今月は、《クラッコが選ぶトマトのスパゲッティ》という記事もあります。

10月号のもう一つの特徴は、秋が近づいて山のシーズンが始まったこと。
『サーレ・エ・ぺぺ』の記事、《秋のキャンプメニュー》は、きのこ、ジビエ、ベリー、ホットワインなど、山の幸が豊かな北イタリアの食文化が本領を発揮しだしました。

(CIR)には紙版とPDF版があります。
定期購読は、期間が複雑になったため、次回から2021年1月号~12月号の12冊に統一することにしました。
次号の11月号をお届けする際に、定期購読継続用の振込用紙を同封いたします。
定期購読料割引価格で、紙版は12冊で\9200(税・送料込み)、PDF版は\7700(税込)です。
紙版の(CIR)は1冊\900(税・送料込み)、PDF版は1号\800(税込み)です。
雑誌と合わせてのご利用がお勧めです。雑誌の定期購読開始には少し時間がかかります。
定期購読のご注文は、11月号の発売と同時に受け付けます。
お申込みはこちらからどうぞ。
お問い合わせはこちらから。

=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
=====================================

2022年8月10日水曜日

シチリア名物のフルッタ・ディ・マルトラーナは、死者の日のためのドルチェ。死者をカラフルで活気に満ちたものでもてなすのがシチリア風。死を嘆くのではなく生を祝う。

今日のお題はノートのアーモンドです。
昨日とは微妙に違うのわかります?
きのうはアーボラのアーモンドと言ってたのですが、ノートのアーモンドというのも質が高いと言われているようです。
バル・ディ・ノートはとても魅力的な場所。
1693年の地震で壊滅的な被害を受け、10㎞ほど離れた丘の上に新たにノートという町が造られた、という歴史も文化も魅力的な街。

バル・ディ・ノートの食文化。
この地域の食文化の象徴は、モディカのチョコレートとノートのアーモンド。


シチリアのドルチェの代表格、マジパンのフルーツ、フルッタ・ディ・マルトラーナ。

フルッタ・マルトラーナは11月2日の死者の日のためのドルチェ。今風に言うとハロウィーンですね。この日は死者が子供たちへのお土産と共に生気に満ちたものを探しにくると信じられていて、死者をこんなにカラフルで活気にあふれたものでもてなそうとしたんですね。
マジパンにそっくりで、材料はアーモンドの粉と砂糖。
マルトラーナというのはパレルモのマルトラーナ教会で、近くのベネディクト派の修道女が、考え出したと言われています。
今では、一年中造られていて、シチリアの人にとても人気があったことが分かります。


シチリアのお盆は死者の生きた日々を祝う日。




=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
=====================================

2022年8月9日火曜日

シチリアのバロックの味の象徴はギリシャ人が伝えたアーモンド。

アーモンドはビアンコマンジャーレを始めとするシチリアのデザートの主役。

アーボラのアーモンドは、昔ながらの方法で人力で栽培されていて、香りのよさは世界一と評価されている。ポリフェノールやビタミンEがなどの抗酸化物質が豊富といった栄養価も注目されている。
アーボラとノート、シラクーザ県の世界遺産のバロックの街。

この地方はシチリア南東部のイブレイ山の周囲に広がる美しい自然に恵まれた地方。


イブレイ山麓のアーボラのアーモンドの収穫。

アーモンドはギリシャ人がシチリアに伝えた。特に南西部では、町の周囲の野原をアーモンドの花が埋め尽くす。


エトナ山麓の町、ブロンテのピスタチオの収穫。


ブロンテでは収穫は2年に一度、9月に行われる。
春に出た芽を1年おきに取り除いて翌年の実の養分に回す。


アーモンドからはジェラート、グラニータ、マジパン、ビアンコマンジャーレ、パスクアの子羊など、各種のシチリアのバロックの味のドルチェが造られた。

アーモンドをドルチェにするテクニックをシチリアに伝えたのはアラブ人だった。
そして新大陸からスペイン人がカカオを伝える。


アーモンドの話、次回に続きます。



------------------------------------------------------- 
「総合解説」
[国産しいたけ粉末80gへ戻る]
お問い合わせ
=====================================

2022年8月8日月曜日

白い食べ物ビアンコマンジャーレには、シチリア系、フランス系、スペイン系など様々なタイプが生まれた。

今日のお題はビアンコマンジャーレbiancomangiareです。
イタリア語より、フランス語のブラン・マンジェblanc mangerのほうがメジャー。
イタリア料理の場合も、シチリアのドルチェとしてよりサルデーニャのドルチェとしてのほうが有名かも。

プラネタのシチリア料理の本

シチリア/クチーナ・ディ・カーザ・プラネタ
には、プラネタ家に伝わる修道院のリチェッタと、とても洗練されて美しい料理の写真が
載っています。

このセンスの良さは一流の国際的ワインメーカーならでは。
ベネディクト会の修道女が作ったと伝えられているようですが、そのルーツは謎で、はっきりしたことは分かっていません。
フランスのブランマンジェはシチリアではアーモンドミルクがベースのブディーノとして伝わったそうです。
このドルチェは“白い”ことがポイント。
白は清貧の象徴。
ピエモンテのパンナコッタも、生クリームの代わりにアーモンドミルクを使ったシチリアのビアンコマンジャーレも清くて純粋な食べ物。

シチリアのビアンコマンジャーレ

濃度をもっとゆるくしてアンティックなグラスに注ぐとプラネタ風。
フランスのブラン・マンジェはスターチではなくゼラチンでつなぎます。

サルデーニャのビアンコマンジャーレはスペインのカタロニア系。
クリームのとろみはスターチでつけ、生地で覆うのが特徴。

ピエモンテ風はパンナコッタ。


ピエモンテ系、クリームをスターチで固めるシチリア系、ゼラチンで固めるフランス系、生地で包んでタルト風にするスペイン系と、白い食べ物には様々な流派ができました。その基本は清楚で純粋な修道院の教え。

(CIR10月号)は8/10発売予定です。

=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
=====================================

2022年8月7日日曜日

スイカのジェーロはシチリアの暑い夏のデザート。シナモンのジェーロはカターニアの修道院で生まれたオリエントの香りのデザート。その対極にあるのがビアンコマンジャーレ。

今日のお題はスイカのジェーロです。
シンプルなリチェッタなので、真っ赤に熟したジューシーなスイカが手に入ることが絶対条件。
トッピングは動画のように、チョコチップ、ピスタチオあたりが定番ですが、お勧めは真っ白なジャスミンの花。
スイカの赤さが一段と引き立ちます。


材料/
スイカの果汁・・1ℓ、約1/4個分
砂糖・・80g
コーンスターチか小麦デンプン・・90g
チョコチップ・・20g+飾り用
ピスタチオ

・鍋にコーンスターチとスイカの果汁を入れて混ぜ、砂糖を加える。
・火にかけてかき混ぜながら沸騰直前まで熱し、さらにかき混ぜながら数分冷ます。
・チョコチップを加えて型に流し入れる。室温に冷まして冷蔵庫で6時間冷やし固める。
・皿にあけ、チョコチップ、刻んだピスタチオを散らす。

ジェーロの応用
レモンのジェーロ


カターニアの修道院で生まれたシナモンのジェーロ。

シチリアの人にとって、シナモンはオリエントの香り。
シナモンのジェーロはシチリアのアラブとオリエントの貿易を仕切っていた修道院で生まれたエキゾチックなドルチェ。
超地味な外見だけど、くずもちに似ていなくもない。

同じ修道院生まれでも対極にあるのがビアンコマンジャーレ。


=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
=====================================

2022年8月5日金曜日

夏のお助けメニュー、クルード・エ・メローネ。

毎年暑くなるとアイスばかり食べて夏バテしますが、そんな時、助かるのが生ハムとメロンです。
イタリア料理の最強の夏の料理だと思ってます。
もちろんそう思っているのはイタリアの人も同じのよう。
生ハムとメロン。


シェフの生ハムとメロンは一般ピーポーのよりやっぱりワンランク上。

生ハムとメロンのアレンジ。


やっぱりメロンの美味しさがポイントかな。
メロンは香りを嗅いでみてメロンの香りが感じられるものが塾しているんだって。
スぺックとメロンのパスタTagliatelle speck e melone


・エシャロット1個をみじん切りにする。
・スペックを巻いて細く切り、さらに小さく切る。
・メロンは皮と種を取って薄く切り、さらに小さく切る。
・エシャロットを油でソッフリットにし、スペックを加える。スペックが軽くカリッとなったらメロンと生クリームを加える。
・ゆでたパスタを加えてなじませる。

もうそろそろ次号の(CIR10月号)の発売です。

メロンはやっぱりシチリアが合うなあ。

黄色いメロンのジェーロ



赤いスイカのジェーロもありますね。
リチェッタは次回。



=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
1650円 直送商品 M S G Mコート
1650円 直送商品 M S G Mコート
Reviews: 4.6 - "1" by, に書かれています
思っていたのとちょっと違いました。悪と言う感じではなかったです。
1 - "2" by, に書かれています
思っていたより太すぎました。お料理には、良いと思います。
3 - "3" by, に書かれています
商品を開封するとカサカサと小物が動くやな音が。確認すると黒いプラスチックのパーツが梱包された天板のなかにありました。付属品かなと思っていましたが、よく見ると天板に固定されている本体と接合するクリップが4ヶ所総て砕けていました。早速問い合わせしたら運送破損なのでパーツを発送しますとの回答を頂きました。運送破損で4ヶ所総て砕けるか?と思いダンボールを確認しましたが外傷は有りませんでした。恐らく輸入した際にパレットの下の方にあり、上から圧がかかって突起しているクリップが砕けたのでしょう。検品してから出荷すれば手間が減るのに。
1 - "4" by, に書かれています
急に椅子が必要になり購入しましたが使いやすかったです。
5 - "5" by, に書かれています
色も良いしリングもはじめて使用しましたが、スタンド機能にもなり使いやすいです。12ミニの紺のiPhoneより、ソフト外観になり気に入りました。
5 - "6" by, に書かれています
コンパクトで造りもしっかりしております。キーボックスとして私が必要としていた機能は満たしており満足のいく製品です。
5 - "7" by, に書かれています
仕事中、座っているときの姿勢が偏っているような気がして、姿勢矯正できる商品を探していてこちらを購入しました。なので、痛みの軽減については何とも???すみません。自覚していたより仕事中の立ったり座ったりが多く、変に座ると違和感がある程度にクッション性はしっかりしてます(笑)きちんと座ると足が自然にとじるので、そういう意味では姿勢正しく座れているように感じます。クッションがだいぶ厚く、座面がだいぶ高くなるので、高さ調整のできない椅子や車用には向いていないと思います。全体的に満足のいく買い物でしたが、五つ星レビューの投稿催促しおりが入っていたことに残念感の-1です(笑)
4 - "8" by, に書かれています
普通に使えますが、片方の脚の台との接続部分に傷がありました。傷があった方の脚は、動かせないほどではないですが、硬すぎます。(不良品を直して売ったのかなと考えてしまいます。)安いですし、使えないことはないのですが、次回購入するかどうかは考えます。
2 - "9" by, に書かれています
最近はiPhoneの画面が強くなったせいかあるいは流行りのせいか、手帳型の可愛いものはあまり出なくなってきた。しかしこれは大人かわいい大好きなスヌーピー。脇のマグネットもベルトが長いタイプではなく私好み。ほとんど気象的なタイプになってきたかもしれない。そんな中で手に入れることができて普通に便利に使っています。
4 - "10" by, に書かれています
他社製品と比べると、デンプン臭が強めです。(このロットだけかもしれませんが。)
2 - "11" by, に書かれています
共有している本のカバーとして使用。図書館の本のようにきれいに使えます。
4 -
=====================================

2022年8月4日木曜日

アルティジャナーレな製品は造り手の研究から生まれる。

以前、ちらっと触れましたが、今月取り上げられているシェフは、フリウリのアントニア・クグルマンシェフです。
フリウリの食文化は中央ヨーロッパの影響を受けたイタリア料理の中でもかなり独特のもの。メインストリームではない地方に暮らしながらその伝統を尊重し、イタリア人に広く愛される料理を作るシェフです。

ドレ―ニャ・デル・コッリオにある彼女のリストランはArgine a Vencó。店名は、トリエステ、オーストリア・ハンガリー帝国という2つの食文化の国境の地という意味。自家菜園で様々な作物を育てています。
国境の地というのは自らのアイデンティティーを深く意識する場所。
『ラ・クチーナ・イタリアーナ』誌では、シェフのノンナのりんごケーキ(P.13)のリチェッタや、シェフが選んだ地元で最高の小麦粉も紹介されていました。
小麦粉のメーカーは、ムリーノ・トゥッツィMulino Tuzzi。とうもろこしの粉やオルゾの粉も挽いています。
フリウリの小麦粉なんて、知ってる小麦粉とはまったく別物と考えがちですが、アルティジャナーレの世界では、職人の研究次第で様々な製品が生まれます。
このメーカーやフリウリの小麦粉は元々注目されていたようです。

イタリア各地にあるアルティジャナーレな製粉所。
下の動画はアルト・アディジェのアルティジャナーレな製粉所。



=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
=====================================

(CIR)10月号発売しました。

(CIR)10月号発売しました。 CIRは『クチーナ・イタリアーナ』と『サーレ・エ・ぺぺ』というイタリアの人気料理月刊誌の記事をピックアップして日本語に訳したものです。 10月号の表紙は、今月ピックアップされたカルロ・クラッコシェフです。 今月の記事、《クラッコが選ぶ伝統の地方料...

ホーム